募金。

 

昨日、ジャイが

「今日さー」

 

と夕飯を食べながら語り始めました。

 

岩手に出張中、お昼に入ったお店が

障害を持つ方が営業しているお店だったそうで。

 

それを知らずに入った彼は

新人さんなのかな~

と思ってみてたそうで。

 

 

ランチセットがドリンクやサラダがついて500円台で

激安すぎて不思議に思って

よーく見たら、福祉法人のお店だったと。

 

 

「なんかさ~その女の子が

言葉が上手く出てこなかったりするんだけど、

すっごい一生懸命なのが伝わってきてさ~

俺ももっと頑張んなきゃな~て

その子の頑張りようを見てたら泣けてきてさ~」

 

 

思うことが色々あったようで。

 

 

そもそも、なんでそんな激安じゃなくちゃいけないんだろう?

普通の飲食店と同じようにお代とっていいじゃない。

 

HPを見ると、苦情受付センターみたいなものがあるし!

 

 

ジャイの昔の知り合いに

同じような施設が運営するお店の責任者をしている人がいて

 

知らないで入ってきたお客さんが

ブ千切れて帰っていくなんてことも

よくあると話していたそう。

 

 

信じられないね!

 

 

ほんと、胸が痛む。

 

うーーーーん

どうしたらいいんだろう

 

何かいい方法ないのかな~

 

 

障害を持つ人の活躍の場がもっともっと

幅広く選択肢があって

個々の能力を活かせる場を

健常者と同じく選べるようにならないのかな?

 

 

そもそも、もっとフラットに

障害のある人と、そうじゃない人が

関わり合いながら暮らせる社会が理想ですよね。

 

 

そんなことは、

ずーーっと昔から色んな人が考えてきていることなんだろうから

何も知らない私が理想を語ることではないんだろうけど。

 

 

 

考えれば考えるほど、

何事もやっぱり教育に辿り着く。

 

 

子どもの頃から、

多様性を受け入れる訓練というから習慣が

大事なんだろうな~と。

 

 

ブツブツとまとまりのない文章

私の独り言にお付き合いさせてしまいましたが…

 

 

 

思ったことは、すぐに行動しないと

思わなかった、考えなかったことと同じ。

と、いうことで

今すぐ何かをすることは難しいので

 

寄付という形で参加させてもらおうと

調べてみたら

 

あらま~

知らないだけで

色んな機関があるんですね。

 

 

ユニセフや赤十字だけじゃないです。

 

 

リンクつけてるので見てみてね☆

 

World Vision

 

チャイルドスポンサーは

どこの地域に寄付するかを選べて

その子供たちと手紙を送ったり

送られてきたりするらしいです。

 

こんなに大きくなったよ~とか

その地域でこんな支援に使われたとか

報告書がくるそう。

 

 

お金をまわそう基金

 

寄付した金額100%が助成先に届くシステムだそうです。

 

 

 

 

今までの話の流れとはあまり関係のない寄付先だけど

私たちにとっては当たり前の生活でも

その当たり前の生活ができなくて困っている人に

 

たった月500円から

(生ビール1杯我慢するくらいだね)

何か力になれるなら

嬉しいですね(*^_^*)

 

 

 

返礼品はないけど

これも控除になるよ☆

 

 

募金ってなんか上から目線な感じするから

寄付って言ってるけど

(どっちも同じ?笑 私の感覚)

 

 

上から目線でも

自己満足でも

偽善でも

 

それが誰かの役にたってるなら何だっていいさね!

 

 

その500円で

「なんか良いことしたな」

っていう気分にさせてもらえるなら

激安だし有り難いなと思います。

 

 

 

チャリン