先生は、どうやって描けるようになったんですか?

生徒さんからよく聞かれます。

 

 

レッスンの中で描き方を一つ一つ教えられるのはごく一部です。

だって、食べ物なんて食材も含めたらた~~~~くさんあるし、

生き物だって色んな種類いるし、

色も違うし、

景色だって世界中色んな素敵な場所があるし。

 

私はRyo先生のもとで短期集中基礎コースを受講しました。

3日連続で7時間合計20時間前後だったような。

そのあと、プロコース、インストラクターコースと受講しました。

 

何を習ったかな?

ちょっと振り返ってみます。

 

基礎コース1枚目から

 

インストラクターコースの最後、卒業制作↑

 

こんな感じですね。

 

「先生がいないと何も描けない」

 

まさに私もその状態(゜-゜)

 

でも、自分で進めなくちゃいけないところも多くて、

画像調べまくって、

色んな人の作品検索して、

たかがチョコケーキ描くのに1日かかったりとか。笑

 

 

一度のレッスンは多いときは4人。

 

先生が自分に割いてくれる時間は限られています。

なんか、緊張して先生の話が全然頭に入ってこなかったり

手順を説明されてもその時は、チンプンカンプンなこともしばしば。

とにかく一語一句メモを取って、

帰ってから、なんでここがハイライト?なんでここがシャドウ?

 

考えながら、メモを見返して紐解いていく。

 

そんな感じで通学してました。

何でですか?

って聞けるほど理解してないから、質問もできなかったのかも。

きいても、また説明されることが分からなくてパニックになるので(@_@)

 

しかも、周りの生徒さんのレベルの高いこと!

もともとない自信がさらに喪失。

落ち込みたくなかったから、予習していったし、

追いつかなきゃ!

っていう気持ちは常にありました。

 

 

教える立場になって思うことは、

「え?今更その質問?こんなことも分かんないの?」

 

なんて先生は思いません!

どちらかというと、生徒時代は予習してわかってるっぷりしていた私。

 

もったいなかったなと今本当に思うんです。

 

先生が発信することは、平等に教えるべきこと1から10まで。

そこに、それぞれの課題によって+2くらい。

さらに質問があれば、その質問の数だけ

先生からの発信は増えます。

 

学ぶ時間は同じでも、吸収量は人によって違くなります。

 

そんな風に思うのは、Ryo先生が何でも包み隠さず教えてくれる方だったから。

先生が身に付けた技術、普通は簡単に教えたくないです。

 

何年間も試行錯誤してやっと辿り着いたものだからね!

「たったそれだけ」

のことを発見するプロセスはなが~いものです。

技術を学ばせていただくってそういうことなんですね。

先生になって、はじめて分かりました。

 

私だけの技術じゃないから、

教えることの安売りはしないし、

大切にしていきたいと思っています(*^_^*)

 

少なくとも今通ってくれている受講生の皆さんは、

その技術を学ぶことに価値を感じてくれている(分かってくれている)から

授業料を支払って学びに来てくれている方々。

 

そんな生徒さん方は、自分が大切にしているものを、

同じく大切に思ってくれている方だから、

私が持っている知識と技術は、惜しみなく伝授したいと常に思っています。

だって、何でも描けるようになったら、もっともっと楽しいから♪

もっとチョークアートを楽しいと思ってもらいたいんです!

 

なんだか熱くなって話がそれてきました・・・(・.・;)

すみません。汗

 

タイトルの内容まで辿り着かなかったな。笑

これ以上長くなると読者が減りそうなので、続きはまた明日!