ワイン家もちぶた亭②

私が今まで手がけた黒板で最も大きなサイズのオーダーでした。

 

まずは、現場下見。

 

ほ~~~~

ぽかーーーん・・・・

 

内心そんな感じでした。笑

 

端から端まで8メートル。

店内の内装を全て任されたようなプレッシャー(-_-)

どんな絵が入るかでお店の印象は全く違うものになります。

 

しかも、いつも色で魅せることが多いチョークアート。

ごまかしのきかない(あ、いつもごまかしているわけじゃないよ)モノクロ。

白だけで、全て表現してほしいというクライアントさんのご要望。

 

1年前の私だったら、お受けできなかったかも。

不思議なことに、その時々のステップ、力に応じてお仕事が

入ってくるんですね。

 

技術は守るものではありません!

進化させなくてはならぬのです!

あ、話がそれた。

これは語ると長くなるので、また今度。

 

 

そして、いつかの記事で、今はやりの街にあふれる

白黒の黒板風の内装や看板を、

真似っこでつまらんと辛口コメントをしてしまった手前、

皆さんの想像を超えた、あっと驚かせるようなものを生み出したい!

 

 

目指すは

 

・ シンプルすぎず、ふざけすぎない、おしゃれ

・ 存在感はあるけど、空間になじんでる

・ お料理が届くまでの時間、「あ!みてみて!」なーんて絵を見ているうちに、気づいたらあっという間にお料理が運ばれていた。

 

みたいな存在。

 

デザインさえ決まればあとはハイスピードで!

寝ずに描きました。

デザイン制作開始から3週間で納品完了。

 

店内がおしゃれに暗くて、上手く撮れず・・・

スポットライトでとんじゃうし。

でっかくて、端から端まで映らないし(;_:)

 

ぶたちゃん

もういっちょ豚ちゃん

 

カツサンドなどなど

 

ワイン

あ~~

写真じゃ伝わらない~

 

ぶたちゃんのつぶらな瞳を

ぜひ生でご覧くださいm(__)m

 

手描きの良さを、たくさんの方に感じていただけますように。

 

黒板風に黒くプリントされた上に、チョーク風に英字が印刷された

無機質なものとは違う、

手描きアートの温もりを感じていただけたら嬉しいです。

 

生きてます。

 

吹き込みました!

 

商売繁盛、仙台幸子ならぬ、福を呼ぶ「仙台Kaori」になりたい!

 

 

KCFでは、お客様のご要望に応じて作品を制作いたします。

ご予算に応じて内容を組むことも可能ですので、

まずはお問い合わせ下さい。

 

また、秋のウェディングシーズンに向けて、再び似顔絵のオーダーが込み合っております。

オーダーをご検討されている方は、

余裕を持ってご相談いただくことをお勧めいたしますm(__)m