近藤喜文展に

 

今は亡き、ジブリを支えたクリエーターです。

人並みにジブリは好きだけど、近藤さんのことは知りませんでした。

 

がんじー先生が、

「私のバイブルなんです」

といって、レッスンのときに画集を見せてくれて、

「ちょうど、石ノ森漫画館で展示やってるんですよ。新潟で開催してた時に、

わざわざ行って見に行ったんです。」

 

と教えてくれたんです。

どうやら、宮城で見れるのは貴重な機会らしいということを知って、

早速行ってまいりました!!

 

おもひでぽろぽろ、火垂るの墓、赤毛のアン、魔女の宅急便・・・

などなどの、ラフ画などが展示してあって、

すごく楽しい空間でした!

 

そして、バイブル私も買ってしまいました。笑

近藤さんの世界にどっぷりはまった後に待ち受ける

グッズ販売ブース。

我慢できませんでした。

 

 

そして、春休み中の子どもたちに混ざってワークショップで

キーホルダーの塗り絵をして・・・

(大人同士の参加者は私たちだけ)

 

ウラ

左が私、右がジャイアン作

オモテ

『いざ!!参る!』って…

心は少年、身体は中年。

 

それにしても、

漫画館はじめていきましたが、

なめてました。

 

結局3時間くらいいたかな?

ほとんどの近藤展にいたけど、

次の企画展は、漫画家の東村さん?だったかな?

「東京タラレバ・・・」

だったっけ?

 

全ての情報が曖昧ですが(@_@;)

漫画あまり読まない私も、

たまたまこの間読んで、なかなか面白い~と久々に

漫画に親しんだ先生の企画だったので、

また行かねば(*^_^*)