指導者として。

 

関東でチョークアートを習っていたというTさん。

お引越しで仙台にきて、

もう一度やってみようかな~ということで

教室に来てくれています。

 

私はRSFのRyoさんに教えていただきましたが、

日本全国チョークアートの教室は沢山あるし、

先生方によって技法も違います。

もちろん、仕上がりも違います。

 

絵を見ると、あ、これ○○協会の方だな~とか、分かるのも

ありますよね!

どれがいいとか、悪いとかじゃなくて。

それぞれの味があります。

 

私は、数あるチョークアート教室の中からRSFを選んだのは、

チョークアートの絵をネットで色々と見ていて、

これかわいいな~すごいな~わ~

って思うものが、全部Ryoさんの作品だったから(*^_^*)

あとは、先生の人柄。

 

教え方とか、カリキュラムとかって、正直申し込んでみて

はじめてわかる部分が多いのかな~と。

 

レッスン料って、

目に見えないから怖いですよね。

その先生が、昨日誠心誠意教えてくれたのと、

今日てきとーに教えたのでも料金は一緒だもん。

目に見えるモノを買うのと違うから、返品ってできないしね(=_=)

だから、技術の他に、

先生の人間性よーく見極めて教室は選んだ方が良いですね。笑

 

あとは、上手い人が教え方も上手いとは限らないってこと。

スポーツのコーチとか、監督とかも、自分はできないことも、指導してるもんね。

もちろん、一概には言えないし、どちらも兼ね備えている人も沢山いるんだろうけど。

私の経験では、有名大学の家庭教師の先生の授業はチンプンカンプンでした。笑

「何で分からないの?」

って言われたな。泣

 

 

なんか、ものすごい脱線しちゃったけど…

 

そもそも、何を話したかたっかというと、

Tさんのお話を聞いていて、私は正直驚きの連続だったのです。

 

わたしが師匠に教えていただいたのよりも、ずーっと高い受講料なのに、

「知りませんでした~」

のことが結構あって、

もちろん描き方とか、方針とか、いろいろと違うから内容は違って当たり前なんだけど、

同じ指導者として、そりゃないだろ~って思うことも。

 

毎回Tさんは、

「かおり先生はとっても丁寧」

と驚いてくれます。

 

とーっても嬉しいです。

でも、当たり前!

目に見えるものを販売しているわけじゃないからこそ、

適当なことはできません。

生徒さんのために!とかじゃなくて、自分の為かも。

だって、詐欺師になりたくないもん(@_@)笑

 

バチガ当たる

 

を信じる私は、悪いことはなるべくしないように心掛けています。

 

安心してください、ワタシちゃんと教えます。

使う色の数も、描き方も違う中、

はじめてうちの教室で描いたミニボード。

Tさんちの定番モーニングメニュー☆

 

シンプルだけど、清々しい朝の風景が浮かびます。

ちゅんちゅんってスズメが鳴いてて、外は晴れてますね、きっと。