パクリ問題


いま、世間を騒がせている

デザイナーのパクリ問題。


ほんとのところは分からないし、

どうなのって思う点も多々あるけど


いや~世界中探せば似たようなのはなんぼでもあるんじゃないかな…(^_^;)

って思っちゃったりもして。


ましてや、△●とかを使ったシンプルなものだったらね。

ほんとに故意に真似っこしたのかもしれないしけどさ。



この間、生徒さんとレッスン中に

ドーナツかなんかの写真をネットで見ていたら

私の「Breakfast」

の目玉焼きの絵にそっくりなポスターでてきたし。


ドキッとしちゃいました。

これで、もし私が

ちょー有名な人で、たくさんの人にこの作品を見てもらえる人だったら



「似てるのありました!パクリです!」

「あっ、これも似てる!これも、あれも!」

「この人、真似ばっかりの奴です!!」



とか言われて干されるんだろうな・・・・・

恐ろしい。


チョークアートって食べ物看板がおおいから

その場合、描くモチーフって実施によく食べる食べ物ですよね。


ピザ、ケーキ、フルーツ、パン、コーヒー


とかとかいろいろ。

それに文字を組み合わせて、

メニュー入れて、

チョークアートの代表的なモチーフのリボンとかいれて~


となれば、

日本全国の作品ずらっと並べたら

似たり寄ったりですよ。


もちろん、そこで個性を出して

いかに自分にしか生み出せないものを描くかが

プロとして重要なポイントですが(・.・;)


パクリはいけません。


でも、たまたま、ってよくあると思うんです。

ハロウィーンなんて、

おばけと、かぼちゃと、蜘蛛の巣と…

色味やモチーフはだいたい一緒なんだもん。


似てると思うか、似てないと思うかも、人によって感じ方も違うし。

難しい問題ですね。




さあさあ、

今日のレッスンは泊りがけで県外から来てくれているUさん。

復習で描いた練習用の黒板には

色や説明も描いてあって

練習だから ぽい!

じゃなく飾れるようになってました。

ほほ~なるほど。


私も毎日レッスンで描くものそうすれば

教科書作れますね。笑