NHKに学んだ夜

なぜか主人はNHK好きで

私が仕事をしている横で見始めたので

しらんぷりしていたのですが、なにやら興味深い。

 

復興が東京五輪バブルで遅れている

という内容のドキュメント。

難しいニュースは分からないけど、実際に現場で

苦労している人の姿が写っていて、現実をしることができました。

職人が足りないというのは聞いていたけれど、ここまで深刻だったとは。

 

村井知事がなんとか省に直談判に行く途中でみた

宮城にはない大型のクレーンなどの重機。

東京の様子を見ると宮城の工事が進まない理由がわかるって。

 

困った!

近頃、集団的自衛権のこととか、日本やばいんじゃないの?

と思っていたけれど、もう黙ってはいられない!

政治とかわかんないし~

ではすまされない感じになってます。

人々はオリンピックに浮かれて被災地は忘れ去られ…。

どうしようどうしよう。

なにかしなきゃ。

でも何かするほどの頭がない…(/_;)

 

と思っていたら次の番組が始まりました。

ドキュメント27h

『どしゃ降りの夜に』

24h営業のガソリンスタンドでお客さんにインタビューをしているのです。

 

お仕事帰りですか~?

→ 4人の子供を養うために夜の仕事もしていて、その帰りです~

というスーツ姿のパパ、とか。

 

指輪してますね、ご結婚されてるんですね

→ あ、これはただしているだけで、10年前に若くして妻はくも膜下で・・・とか。

 

どこ行くんですか?

→主人が6年前に事故で障害が残って、その妻の会に行くんです~、とか。

 

荷物いっぱいですね

→会社が倒産してから竹とんぼつくってフリマ回ってんだ~というおじいちゃん、とか。

 

ゲーセン帰りっす~きゃはきゃは、な若者とか。

 

 

こ1時間で色々と勉強になり、考えさせられました(゜゜)

 

 長くなってしまった…

親子チョークの報告するはずだったのに…

明日アップしますねい♪