絵描きのメンタル管理術

おもしろい記事をみつけました。

興味をそそられる見出しですよね~。

 

私たちが描くような絵とはちょっと違うジャンルの絵描きさん

輝竜司さんという方のブログにたどり着きました。

 

チョークアートを楽しむためには

描きたいものをデザインする力が必要になります。

色のせをする前の下絵を描く作業。

チョークアートを始める人で絵初心者の方は

けっこう多いですよね。

パステルを指でクルクル♪は楽しいけど

デッサンでつまずき、頭を抱える…

 

うんうん。

分かる、分かる!

 

人の絵はとっても上手に見えるものです(=_=)

以下引用。http://mercuriuslab.com/item/463

 

『世の中に絵の上手いひとが沢山いて、そのこと自体ははよいことだ、そこまでの表現の道はその人たちが切り開いてくれ、いつかそこまで行ける、ということを、その絵で示してくれている。』

と、彼は言っています。

 

『てか言うなれば絵描きなんていうのは、何時まで経っても『あれが描けない、これが描けない』の無間地獄で、恐らくそれは書き続ける限り一生続くわけで、自分を卑下するタイプの人は、その間ずっと自分を責め続けないといけないなんて、そりゃ心が折れるか筆が折れるか、どっちかになってしまうよ』

とも言っています。

 

ほほ~

もちろん、上手になるためには

練習、努力はしなければなりません。

ある程度かけるようになったら、

それより更に上を目指すようになるし、

そうやって人は成長するのですね(・へ・)

 

つまりつまり、

 

描けない→私才能ないは~→やーめた

 

じゃなくて、

誰でも最初は描けなくてあたりまえ。

上手な人は天才ではなく

いっぱい描いたから。

そう思いましょう。笑

 

自分の作品に満足したらおわり

ってそういうこなんですね~

 

常に伸び白をもっている

と考えよう!

 

 

 

(ご協力お願いしますm(__)mいろんなチョークアーティストさんのブログがみれます♪)

   ↓

にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへにほんブログ村