順位が全てではない!

連日ニュースで伝えられている真央ちゃんの感動の演技!

ほんっとに、こんなに多くの人に愛される選手は他にいないですね。

こんなに愛されて、応援されて、誰もが親心な心境…

やっぱり人間、人柄なんです。

どんなにすごい技術を持っていても

どんなに天才でも、ただそれだけではいけないのです。

愛され力。

彼女に学ぶことはたくさんありますね。

 

メダルを取らずとも

こんなに人々の記憶に残る演技をした真央ちゃん。

順位じゃない。

成績や結果、これらが表すものは絶対ではない。

“結果よりもプロセスや、努力が大事”

これは、ごもっともです。

ですが、努力したという自己満足な感じがして

うーん

なんだかあまり好きな考え方ではない。

でも、今回の真央ちゃんは、単に

「がんばったんだから!それでいいじゃない」

で終わらなかったですね。

採点をされて順位をつけられて

彼女より優秀な成績を残した選手いたけど、

でも、でも、

間違えなく、人々の心を揺さぶる演技をして

人々の記憶に残る演技をしたのは6位の真央ちゃんでした。

(もちろん、感性や価値観の違いで感じ方は違うでしょうけれど^^;)

フィギュアスケートも芸術的な要素が強いスポーツで

なんだか、私はとっても感じるものがたくさんありました。

 

うまく表現できませんが

「いい順位をとるよりも、いかに人々の心を揺さぶることが出来るか」

これが表現者として大事なことなんだと

真央ちゃんが教えてくれました。

ありがとう!

オリンピック、あまり一生懸命見ていたわけではないけれど

こんなにいろんな事を考えさせられたのは

初めてでした(^^)

いい勉強、刺激になりました。

Thank you!!

 

 

(ご協力お願いしますm(__)m)↓

にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへにほんブログ村